子育ての悩み、しつけの仕方!正しくしつけるにはどうすればいいの?

子育て

みなさんこんにちは、きゃろです。

毎日子育ておつかれさまです。

初めて子育てするママさんの悩みの一つとして、必ずあげられる『しつけの仕方』

あなたは子どもに対してどのようにしつけをしていますか?

今回はそんなあなたのために、子どもの年齢別による適切なしつけ方をお伝えしたいと思います。

全然難しくないですよ。

ストレスの原因!負のスパイラル

多くのママさんが子どものしつけに関して悩んでいて、ストレスを溜めまくっています。ストレスが溜まって爆発するメカニズムをここでお伝えしますね。

これを知っておくことで、実際に子どもの粗相にイライラした時、

『あ、私今ストレスが溜まりはじめてる』

と自分のことを客観視できて、平常心を保ちやすいですよ。

子供がやらかす

人がイライラするというのは、自分の思い通りにいかなかった時におこる感情なんですよね。

子どもというのは物事の良し悪しや分別がつきませんから、悪気なく粗相をやらかします。

ママさんは

『子どもだからしょうがない』

と頭ではわかっているものの、思い通りにしてくれないという不満がどんどん積み重なって心が窮屈になってしまいます。

スーパーでよく親子連れを見かけますが、子どもが走り回っているのをママが『やめなさい!』と叱っても言うことを聞かないのを見ると、心の中で『ママ頑張れ!』と応援せずにはいられません。

カチンとくる

ママの心がいっぱいいっぱいの時に限って、絶妙なタイミングで子どもは地雷を踏んでしまうんです。

・描いちゃいけないところに落書き

・おもちゃを散らかし放題

・号泣

などなど、ママが一番堪えている時に限って子どもは、その努力を無に帰す行動をやらかすので、とうとうママの『感情』をせきとめているダムが決壊して、子どもに対して様々な負のアクションを起こしてしまいます。子どもは意識してはいないのでしょうが、一番やって欲しくない時に見はからったようにやらかすから不思議でなりません。

怒鳴る

ため込んでいたうっぷんをはらすかのように、ありったけの怒りの感情を子どもにぶつけてしまいます。その代表的なのが『怒鳴る』ですね。

子どもは何で怒鳴られているのかわかりませんから、ただただパニックになって泣いてしまいます。

それを見たママはさらにヒートアップするという、いわゆる【負の連鎖】にハマってしまいます。

一度そうなってしまうと、二人っきりだと収拾つかなくなってしまいますね。

パパやおじいちゃん、おばあちゃんなど第三者がいてくれたら、まだなんとか止めてもらえるからいいんですが。

 

後悔する(なんで怒鳴っちゃったんだろう)

頭に血がのぼって感情を吐き出している時というのは、たいがい無意識です。

ですから、冷静になって周りの状況を見渡した時、

『はっ!私ったらなんてことを』

と我に帰って後悔することも少なくありません。

子どもが泣いているのを見て、

『ごめんね、怒鳴っちゃってごめんね』

と自分を責めて落ち込むこともしばしば。

自己肯定感が下がる(私ってダメだな)

それによって自己嫌悪に陥り、自己肯定感が大暴落します。

・私ってダメだな…

・ママ失格だな…

・最低…

このように、負のスパイラルでストレスがどんどん溜まっていってしまい、しつけどころか子育てそのものが嫌になってしまっているママがたくさんいます。

簡単にできる子どものしつけ方

 

ですから今回は、この負のスパイラルを断ち切ってストレスなく子どものしつけができるように、その方法をご紹介します。

そんなに構えないで、気楽に読んでくださいね。

カチンときたとき

普段は冷静沈着で笑顔の絶えないあなたでも、ふとした時に子どものいたずらやわがままを目の当たりにして、急に怒りのスイッチが入ってしまうことってありますよね。

そんな時には以下のことを騙されたと思って試してみてください。

深呼吸10秒(落ち着くための時間)

 

子どもが落書きしたり、ものを壊したりしたとき、カッちーんと来ると思います。

そんな時、急を要しない場合はまず深呼吸しましょう。

目を閉じて思いっきり息を吸い込むんです!

そして吐き出しましょう。

人の怒りのピークがおさまるのがだいたい10秒後と言われているので、それまでは自分をクールダウンさせることが第一です。

自分を客観的に見て、

『落ち着いたな、自分』

と思ったら、そこから子どもへのしつけのスタートです。

行動を叱る

しつけと聞いてまず思いつくのは叱ることだと思います。

そして、叱る時には本人の人格を否定するのではなく、行動を叱りましょう。

 

あなたはダメな子ね  ✖️

これは絶対言っちゃダメです!

どの子どもも最初は無知で当たり前です。ですからやっていいことと悪いことの判断もできません。それを教えるのが親の役目であり、義務です。

それもやらずに子ども自身を【ダメな子】と人格否定するのは、親であるあなた自身を【ダメな人間】と言っているのと一緒ですよ。

子どもはダメじゃありません。そしてあなたもダメじゃありません!

 

これはやっちゃダメだよ ◎

 

子どもが駄々をこねたりわがままを言ったりした時に、なんでも自分の思い通りにはならないということを教えてあげなければいけません。

そして子どもが物を壊したり、人様に迷惑をかけてしまった時には

『あなたがしたことは悪いことなのよ、いけないことなの。ちゃんとあやまりなさい!』

と、いけないことをした時にはあやまるということを教えてあげましょう。

それが行動を叱るということであり、その一つ一つの積み重ねが子どもを立派な人間に育て上げますよ。

 

怒鳴ったり、叩いてしまった時

 

子どもがやらかした時に、大きな声で怒鳴ったり叩いてしまうと、子どもは訳がわからず戸惑い、萎縮します。

どうしても我慢できずに、怒鳴ったり叩いてしまった時は、

『さっきは大きな声出してごめんね』『叩いてごめんね』

とちゃんとあやまりましょう。

 

そして逆に、お手伝いをしてくれたり、いいことをした時には

『ありがとう』『よくできたね』『えらいね』

とほめてあげましょう。

子どもも一人の人間なので、やっぱり褒められたら嬉しいです。

嬉しいことは何度でもやろうとします。

 

 

叱り方は一貫性のある叱り方をする

子どもが間違いをやらかしたとき、ある時はスルーしてまたある時にはブチギレたりすると子供は戸惑います。

『この前は何も言わなかったのに、なんで今日は怒ってるんだろう』

その結果子どもは、その行動がやっていいことなのかダメなのか判断できなくなっちゃいます。

 

その対処法は

 

『カチンときた時→深呼吸10秒(落ち着くための時間)→行動を叱る』

 

 

これを常にパターン化するようにしましょう。

自分の後ろに『もう一人の自分』がいるとイメージして、その自分が本来の自分をコントロールすると冷静になれますよ。要するに、自分を客観視するということです。

『あ、今自分キレそうになってる!キレちゃダ〜メw』

ぼくはもう一人の自分にいつもそうなだめられています。

 

 

年齢別叱り方

子どもの叱り方は年齢別で全然違います。

そりゃそうですよね、言葉が通じない0歳児に『ごめんなさいは?』とうながしてもできるわけがありません。

そこで、以下に子どもの年齢別の叱り方を書いていきます。

簡単ですよ。

乳児(0歳〜1歳)

 

危ないことをしそうになった時

  • キッチンでお湯を沸かしている時に、赤ちゃんがハイハイして近づいて行った時
  • ガラス戸を閉め忘れて、赤ちゃんがベランダに出そうになった時
  • ベビーベッドから落ちそうになった時

など、赤ちゃんにとって危険な場面ってたくさんありますよね。

そんな時は、すぐそばに行って体ごと抱き止めましょう。言葉で伝えるのはむずかしいので、『やめなさい』と呼び掛けても効果は薄いです。

叱り方というよりは危険回避の方法ですね。

 

1歳〜

1歳を過ぎる頃にはさらに好奇心旺盛になるので、見るもの全てを触って確かめようとします。なので、危ないものや、触られたくないものは子どもの手の届かないところに片付けましょう。

コツとしては、自分がかがみ込んで子どもと同じ目線で周りを見渡してみて、危険だと思った物を全部片付けるといいですよ。

相手の立場に立つというのは対象が子どもでも大人でも一緒で、その人の目線に身を置くのが一番手っ取り早いしわかりやすいですね。

 

2歳〜

2歳を超えてくると、徐々に自我に目覚めてきて、イヤイヤ期が始まります。

この頃から言葉も理解できるようになるので、その対処法をお伝えします。

ただ、その方法は叱るとは違います。

例えば、砂場で遊ぶのを『イヤ』と言ったら、『ブランコの方が好きなんだね』とポジティブな言い方で聞き返してみましょう。そこで子どもの反応を見て、また『イヤ』と言えば次は『ボール遊びしよっか』というふうに子どものやりたいことを根気強く探って下さい。

この時の子どもは、本能にしたがって純粋に興味のある事をやろうとしているだけなので、それを理解してかなえてあげて下さいね。

この時点で、『なんでわがまま言うの!』ときつく叱るのはまだ少し早いです。

 

3歳〜

3歳になると言葉の理解がうんと進んできます。

この頃からしっかりとしたしつけが必要になってきますね。

例えば子どもがおもちゃで遊びはじめようとした時、前もって

『おもちゃで遊び終わったらきちんとお片付けしようね、できる?』

と聞きます。

子どもは早く遊びたいので

『うん、できるよ』

と答えるはずです。

そこでもう一押しします。

『いい子だね。そしたらママとゆびきりげんまんしようね。』

としっかり約束します。

そして遊び終わった後、片付けを忘れてほったらかしだった時には

『遊び終わったらきちんとお片付けするってさっきママとゆびきりげんまんしたよね?』

と約束したことを思い出させて、それを守ることを教えます。

それを繰り返すことで、子どもは約束を守ることの大切さを覚えることができますよ。

 

『イヤイヤ期』の対処法

2歳から3歳にかけて子どもは、成長段階で必ず訪れるイヤイヤ期に突入します。

対するママとしては、

『めんどくさいなぁ』

『なければいいのに…』

と思うかもしれませんが、子どもが成長する上で大事な

自我に目覚めて脳が成長する期間

なので、ママは割り切って

『かかってこいヤァ!受けてたってやるぜ』

とドンと構えましょう。

そんなママのために、以下にイヤイヤ期攻略法を書きましたのでどうぞご覧ください。

 

お店や公共の場所で泣き出したら、落ち着ける場所に移動しましょう。

ショッピングセンターや映画館など、慣れない場所では子どもはストレスを感じてイヤイヤが始まることがよくあります。そんな時は人目につかないところに移動して二人っきりになります
空間が変わるだけでも子供は気持ちを切り替えやすくなります。大人も落ち着いて対処しやすくなりますよ。

 

抱きしめてあげる

なかなかおさまらない時には、『イヤだったんだね』と声をかけてギュッと抱きしめてあげて、子供が落ち着くまで背中をトントンしてあげましょう。それだけで子供は、『わかってもらえた』と実感できて安心します。
『うるさい』『静かにしなさい』と怒鳴ると子供は気持ちのおさまりが付かなくなるので、逆効果です。

これから楽しいことがあることを教える

子供は目の前のことしか見えていないので、『おうちに帰ったらおやつ食べようか』とか『おままごとしようか』などこれから楽しいことが待っていることを伝えましょう。この経験を積み重ねることによって子供は、『イライラしても楽しいことを考えれば気持ちを切り替えられる』ということを覚えられます。

 

 

まとめ

おさらいしますね。

簡単にできる子どものしつけ方

カチンときたとき

・深呼吸10秒(落ち着くための時間)

行動を叱る

・あなたはダメな子ね  ✖️

・これはやっちゃダメだよ ◎

怒鳴ったり、叩いてしまった時

・きちんとあやまる

叱り方は一貫性のある叱り方をする

・『カチンときた時→深呼吸10秒(落ち着くための時間)→行動を叱る』

『イヤイヤ期』の対処法

  • お店や公共の場所で泣き出したら、落ち着ける場所に移動する
  • 抱きしめてあげる
  • これから楽しいことがあることを教える

 

いかがでしたでしょうか?

ママにとって子育ては、最初は何もかもが初体験ですから、テンパって頭の中が真っ白になることも多々あるでしょう。そんな時には、一度深呼吸して自分を落ち着かせて、それから一つずつ冷静に対処していきましょう。

決して、『自分はダメな母親だ』などと自己否定しちゃダメですよ!

子どもにとってあなたは唯一無二の大切な存在ですから、頑張っているあなた自身を褒めてあげて、今日も楽しく子育てしましょう。

あなたならできる、大丈夫!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました