子育てって地獄?そんなことないですよ!いいこともたくさんあります

子育て

みなさんこんにちは

きゃろです(@caro_caro815)。

『子育てって地獄よね』

『いない方が自分のことだけ考えてればいいから楽よね』

そんな声をネットなどでちらほら見かけます。

確かにそうかもしれません。

日本人は、幸せよりも不幸をアピールすることが上手な人種らしく

『わたしはこんなに不幸なの!共感して〜』

と、子育ての辛くてしんどいという情報ばかりが蔓延しているように思えます。

ですから今回は、子育ての楽しい、最高といったメリット、いわゆる『ポジティブ』な情報を先輩ママさん方の経験談を元にご紹介していきたいと思います。

子育ては地獄なんかじゃないっ!

楽しいこともたくさんありますよ〜!!

 

  1. 子育てのデメリット
    1. お金がかかる
    2. 自分の時間が持てない
    3. 気苦労が増える
  2. 子育てのメリット
    1. 自分が寂しい時、手を握ってくれる
    2. 自分が悲しい時、ぎゅうっと抱きしめてくれる
    3. 辛い時、そばに来て『ママどうしたの?大丈夫?』と心配して寄り添ってくれる
    4. 毎日子どもの成長が見られるから、明日は何ができるようになるのか楽しみ
    5. 自分自身が『人間らしくなった』と自身の成長を実感できる
    6. 子育ては趣味と一緒!『大変=嫌、楽=楽しい』ではない
    7. 自分が『親』という立場であるだけで、無条件に存在価値を実感できる
    8. 子どもが自分のことを『必要な存在』として抱っこをせがんだり、甘えてきてそれが幸せ
    9. こんな自分でも必要としてくれている人がいる
    10. 自己肯定感が強くなる
    11. 社会においては自分の代わりは腐る程いるけど、我が子にとっての母親は私だけ!
    12. 楽しみもあるから逆に『大変大変っ!』と言える。大変なだけだったら、誰も大変なんて口にできない
    13. 子連れだと、大人になって一人では行きづらいところにも行けるし(遊園地など)、童心にかえる機会も増える
    14. 夜泣きで夜が寝れないのは、あやしかたのコツをつかめば解決できる場合もある
    15. 2時間おきに起きるのは大変だけど、それが子育てだと思うし、赤ちゃんの成長だと思っているのでそこまで苦労はない
    16. 楽しいことは一緒に分かち合って喜びが倍になる
      1. たびたび満面の笑みを見せてくれる
      2. はじめて寝返りをうてた時の感動
      3. 言葉を覚えて話しはじめた時の感動
      4. はじめて立ち上がって自力で歩きはじめた時の喜び
    17. 子育てに男は不要!
      1. 子育てに男は基本的にお荷物
      2. ATMならば話は別
      3. 最初からシングルマザー希望
      4. 旦那さんがいるママさんの方が、子育てに病んでいる人が多い
      5. 旦那がいると、旦那の分の食事を作ったり洗濯したりしないといけない
  3. まとめ
    1. Related Posts

子育てのデメリット

 

とはいっても、やっぱりしんどいのも事実なので、いくつか大変な部分も挙げておきます。

お金がかかる

 

これは絶対避けては通れない道ですよね。

  • 出産費用
  • 入院費用
  • 育児用品購入費用
  • 出産後の検診費用

などなど、『費用』とつくものを少しだけ挙げましたが、これだけでも想像したら落ち込んでしまいますよね。

 

自分の時間が持てない

 

子供が生まれると、24時間全て子供に奪われるとよく聞きます。

  • 深夜夜泣きで起こされて寝れない
  • 授乳の間隔が短い
  • 寝ついたタイミングで家事を済ませないといけない

やっと寝ついたと思ったら外がうるさくてまた起きちゃった!ってことは日常茶飯事ですよね。

 

気苦労が増える

 

子供を連れている事によって、一人でいる時には感じない気苦労もたくさんありますね。

  • 外出した時、電車内で突然子供が泣き出して肩身が狭くなる
  • 静かにしなければいけない場所に行きづらい
  • どうしても子連れでいけない場所にいく時、人に子守を頼みづらい

近くに親がいればまだなんとかなりますが、いない場合は大変ですね。

 

これだけではありませんが、今回はあくまでも子育ての『いい部分』をご紹介するので、これくらいにしておきますね。

 

 

子育てのメリット

 

お待たせいたしました。

ここからは子育てのメリット、いわゆる

『子どもサイコー!』

『子育てサイコー!!』

といった、子どもがいてくれるおかげで実感できる幸福感に満ちた声を羅列していきます。

 

自分が寂しい時、手を握ってくれる

旦那さんが帰りが遅い、など孤独を感じている時にふと子供が察して手を握ってくれた時には嬉しくてギュッと抱きしめたくなりますね。

自分が悲しい時、ぎゅうっと抱きしめてくれる

逆に子供が抱きしめてくれる時もあります。『ママだいじょうぶ?』と心配そうに聞いてきたら、『だいじょうぶよ、心配かけてごめんね』と思いっきり抱きしめてあげましょう。

辛い時、そばに来て『ママどうしたの?大丈夫?』と心配して寄り添ってくれる

子供はなぜママが疲れているのか理解できませんから、ママがしんどそうにしていると本気で心配して寄り添ってくれますよね。これは子供がいないと経験できませんね。

毎日子どもの成長が見られるから、明日は何ができるようになるのか楽しみ

子供の成長は早いもので、やっと寝返りができたと思ったら立ち上がって歩き出したり、急にモゴモゴ何かを話しはじめたりと毎日が驚きの連続ですよね。

自分自身が『人間らしくなった』と自身の成長を実感できる

一人の時は自分の好き勝手に生きてこられたものの、いざ子供ができるとそうはいきませんよね。とにかく子供のためにやることに追われて、なんとかこなそうと必死にもがいて頑張って。結果、気づけば人間的に大きく成長できて、なおかつそれを実感できるようです。

子育ては趣味と一緒!『大変=嫌、楽=楽しい』ではない

自分の好きな趣味って、大変だから嫌だ!とか楽だから楽しい!ではありませんよね。例えばぼくは釣りが趣味なのですが、大変なことも多々あります。船で沖釣りした時に、天気が大荒れで一日中船酔いで撃沈することは日常茶飯事なのですが、辞めたいと思ったことは一度もありません。それは『好きだから』です。

子育てを趣味同様に捉えているママさんもいらっしゃるようです。

自分が『親』という立場であるだけで、無条件に存在価値を実感できる

人は誰かに頼られると、『私って必要とされてる』と実感して嬉しくなって自己肯定感が上がります。子供ができると否が応でも子供に頼られます。それをポジティブに捉えて、『私は必要とされてるから、もっと頑張ろう!』と毎日充実しているママさんもたくさんいます。

子どもが自分のことを『必要な存在』として抱っこをせがんだり、甘えてきてそれが幸せ

ぼくは甘えられるのが好きです。甘えられると単純に『必要とされてる』と実感できるので、テンション上がります。子供は純粋に素直に甘えてきますよね。それが嬉しくて子供が大好きなママさんもいっぱいいますよ。

こんな自分でも必要としてくれている人がいる

やっぱり自分を必要としてくれている人が一人でもいると、嬉しくなりますよね。その人のために頑張ろう!と思えますし、それが子供なら尚更ですね。

自己肯定感が強くなる

自分のことを好きになるってなかなか難しいと思いますが、子育ての中で『私頑張ってる!』『毎日家事をこなしながら寝不足でも頑張ってる!』と自己肯定感を上げて満たされているママさんもいますよ。

社会においては自分の代わりは腐る程いるけど、我が子にとっての母親は私だけ!

会社では『自分がいなくても代わりはいくらでもいるからいいや』と楽観的に考えることもありますが、子供ができたらそうはいきません。子供が二十歳になるまでしっかり育てる義務がありますし、それを前向きに捉えて『この子にとっての母親は私だけなんだ!』と断固たる決意のもと頑張っているママさん、頭が下がります。

楽しみもあるから逆に『大変大変っ!』と言える。大変なだけだったら、誰も大変なんて口にできない

これは深いですね。大変だけだったらそれが当たり前になるから、わざわざ『大変!』って口に出す人もいないでしょうが、楽しみもたくさんあるから時々しんどい時に『大変!』って言っちゃうんですね。要するに子育ては大変なだけじゃない!ってことです。楽しみもいっぱいありますよ!

子連れだと、大人になって一人では行きづらいところにも行けるし(遊園地など)、童心にかえる機会も増える

一人ではなかなか行きづらい場所(人にもよりますが)、例えば遊園地や動物園などに子供と一緒に行って童心にかえってはしゃいでも別に平気ですよね。何回でも童心にかえることができますよ。

夜泣きで夜が寝れないのは、あやしかたのコツをつかめば解決できる場合もある

今は昔と違ってネットの普及によって、『◯○のコツ』とググればたいていのことは解決法がありますよね。赤ちゃんの夜泣きやあやし方も一緒で、諦めずに先輩ママから聞いたりググってコツを掴んでいるママさんもいらっしゃるようですよ。

2時間おきに起きるのは大変だけど、それが子育てだと思うし、赤ちゃんの成長だと思っているのでそこまで苦労はない

子育てを『そういうものだ!』と割り切って、ポジティブに捉えてその環境を楽しんでいるママさんのご意見です、素敵ですね。

 

楽しいことは一緒に分かち合って喜びが倍になる

楽しいことって、一人で噛み締めるのも悪くないですが、やっぱり『仲間』と一緒に共有した方が楽しみは倍増しますね。

子育ても一緒で、子供と一緒にいることで一人では味わえない楽しみがたくさんあります。

たびたび満面の笑みを見せてくれる

子供の屈託のない笑顔ってどうしてあんなに癒されるのでしょうね。子供は見ている相手の表情を真似して笑顔になるそうですよ。ですからあなたがいつも笑顔でいればいるほど、あの素敵な笑顔を何度も見ることができるんです、最高じゃないですか!

はじめて寝返りをうてた時の感動

はじめての寝返りは、一大イベントだという親御さんも結構いらっしゃいます。

重たい頭を一生懸命動かしてなんとか寝返りをうとうと頑張る姿は、見ているこっちも力が入ります。ゴロンとした瞬間は感動の嵐ですね。

言葉を覚えて話しはじめた時の感動

これも寝返りに匹敵するくらいの一大イベントですね。

【ママ】【パパ】どっちを先に言うかはおいといて、呼ばれた本人は感激して泣いちゃうかもしれませんね。

はじめて立ち上がって自力で歩きはじめた時の喜び

これも【寝返り】【言葉】と並ぶ、もしかしたらそれ以上の楽しみの瞬間として待ち焦がれているママさんも多いのではないでしょうか。

ちなみにぼくは母に聞くところによると、歩けるようになったのは3歳からだったそうです。

焦らしすぎですね。

 

 

ということで、子供がいてこその喜びの例をいくつか挙げましたが、これだけでも子供が欲しくなる理由としては十分ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

ところで、次の内容は正直挙げるかどうか悩みましたが、世の旦那さんの意識が少しでもママさんに寄り添っていただけるよう願いを込めて掲載させていただきます。

 

 

子育てに男は不要!

 

ちょっと衝撃的なタイトルですが、こういった意見もあるので参考までにどうぞ。

 

子育てに男は基本的にお荷物

ママにとって旦那さんは、【子供】という扱いをしている方も多いようです。

ですからママに家族構成を聞くと、『私以外に小さい子供と大きい子供がいます』と本気で言う人も一定数いらっしゃるようです。

早くママに【大人】として認められないといけませんね。

ATMならば話は別

【旦那は元気で留守が良い】

という文言があるように、『普段はいなくて良いから給料だけきっちり入れて欲しい』と思っているママさんがたくさんいるようですよ!せめて帰りが待ち遠しいと思ってもらえる旦那さんになりましょう。ATMは辛すぎます!

最初からシングルマザー希望

某有名外国人女性アーティストが『子どもだけ欲しい』旨の発言をしているのを思い出しました。

そんな思考の女性が一人でも減るように、世の旦那さんのみなさん、男性として頼られる人間になるよう精進しましょう。

旦那さんがいるママさんの方が、子育てに病んでいる人が多い

旦那さんの存在がママの負担倍増の原因になっているために、ママは余計な悩みを抱えてしまっているようです。負担にならずに、心から頼られる『スーパーマン』になりましょう、旦那さん!

大丈夫、できます!

奥さんと出会った頃の素敵な自分を思い出せば!!

旦那がいると、旦那の分の食事を作ったり洗濯したりしないといけない

ママは子どもの分の家事・炊事だけで手一杯のはずですから、旦那さんは極力自分の身の回りのことは自分でやりましょう。プラス、ママの家事・炊事まで助けてあげたらもう、ママのあなたを見る目はいつもハートマークになる!…はずw

 

こういった『旦那不要論』というのは、そもそも子育て以前に夫婦間の問題だと思うのですが、子どもというのは二人がいないとできないわけで、旦那さんが少しでも奥さんの気持ちに寄り添っていただけたら解決できると信じています。

『旦那必要!!』

 

 

まとめ

もう一度おさらいしますね。

  1. 自分が寂しい時、手を握ってくれる
  2. 自分が悲しい時、ぎゅうっと抱きしめてくれる
  3. 辛い時、そばに来て『ママどうしたの?大丈夫?』と心配して寄り添ってくれる
  4. 毎日子どもの成長が見られるから、明日は何ができるようになるのか楽しみ
  5. 自分自身が『人間らしくなった』と自身の成長を実感できる
  6. 子育ては趣味と一緒!『大変=嫌、楽=楽しい』ではない
  7. 自分が『親』という立場であるだけで、無条件に存在価値を実感できる
  8. 子どもが自分のことを『必要な存在』として抱っこをせがんだり、甘えてきてそれが幸せ
  9. こんな自分でも必要としてくれている人がいる
  10. 自己肯定感が強くなる
  11. 社会においては自分の代わりは腐る程いるけど、我が子にとっての母親は私だけ!
  12. 楽しみもあるから逆に『大変大変っ!』と言える。大変なだけだったら、誰も大変なんて口にできない
  13. 子連れだと、大人になって一人では行きづらいところにも行けるし(遊園地など)、童心にかえる機会も増える
  14. 夜泣きで夜が寝れないのは、あやしかたのコツをつかめば解決できる場合もある
  15. 2時間おきに起きるのは大変だけど、それが子育てだと思うし、赤ちゃんの成長だと思っているのでそこまで苦労はない
  16. 楽しいことは一緒に分かち合って喜びが倍になる

 

いかがでしたでしょうか。

今まさに子育てに疲れていて、何もやる気が起こらない、全部投げ出して逃げたいというママさんに読んでいただいて、ほんの少しでも前向きに復活してもらえたら嬉しいです。

一人で全部背負っちゃダメですよ!

旦那さんや両親や祖父母、友達などに『迷惑かけちゃ申し訳ない』という気持ちは持ちつつ、頼ってあげてください。そして常に感謝する気持ちを忘れなければ協力してくれます。人はみな頼られたがっていますから。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました